精密ツール

実際の寸法や見積を正しく描くために、正確な線、形、寸法、スケールが必要なら、精密ツールにお任せください。

キャンバス上の「精密」ボタンをタップすると、メニュー下に「グリッド」、「スナップ」、「計測」、「定規」のオプションが表示されます。またデッサンや図面にスケールを設定する方法もここで説明します。

precision tools

グリッド

グリッドは便利な下敷きのようなもので、視覚的なガイドになるだけでなく、グリッド描画ガイドの「スナップ」と組み合わせてインタラクティブに使うこともできます。グリッドのオン/オフを切り替えるには、「精密」の下にある「グリッド」をタップします。グリッドボタンの隣にあるグリッド名が表示されたラベルをタッチすると、「ワークスペース」メニューが開いて新しいグリッドを選択できます。

コンセプトには5種類の基本グリッドと3種類の遠近グリッドがあります。基本グリッドは「ドット」、「方眼紙」、「罫線用紙」、「等尺」、「三角方眼紙」、遠近グリッドは「1点透視」、「2点透視」、「3点透視」です。「ワークスペース」メニューにあるリストからグリッドを選択します。リストを左右にスクロールするとすべての選択肢が表示されます。グリッドの編集またはグリッドのプリセットを選択するには、使用中のグリッドをタップするか、「グリッドを編集」ボタンをタップします。

5種類の基本グリッドには以下の編集オプションがあります。

  • プリセット – あらかじめ用意されたさまざまなグリッドが選べます。
  • 間隔 – 主線/点の距離を調整します。
  • 分割数 – 主線の間のマス目の数を設定します。1と設定すると、主線のみが表示されます。方眼紙と罫線用紙グリッドで設定可能です。
  • 線幅 - グリッド線の太さを設定します。
  • カラー – 自動設定を選択すると、キャンバスに合う色に調整されます (例えば、ホワイトプリントとダークプリントの背景には違う色が設定されます)。カスタム色も選択可能です。
  • 不透明度 - グリッドの不透明度を設定します。このオプションは、カスタム色の使用時に選択可能です。
  • 方向 – グリッドの向きを横長/縦長に設定します。罫線用紙を縦書きにしたい時などに便利です。罫線用紙、等尺、三角方眼紙グリッドで設定可能です。
  • アートボードに限定 – 選択すると、グリッドがアートボード内のみに表示されます。キャンバスにアートボードを設定している場合のみ設定可能です。

グリッドの単位は「ワークスペース」メニューで選択した単位に合わせて表示されます。

遠近グリッドの編集オプションは多少異なります。

  • プリセット - あらかじめ用意されたさまざまな遠近グリッドが選べます。プリセットをタップすると有効になります。
  • 消失点 - このボタンをタップするとキャンバスに移動して、消失点を移動させたりグリッドを調整することができます。また消失点を長押しまたはグリッドレイヤーを有効にすると、キャンバス上でいつでもグリッドを編集できます。
  • 密度 - グリッドに表示される消失線の数を選択します。
  • 線幅 - グリッド線の太さを設定します。
  • カラー - キャンバスに合う色が調整される自動カラーまたはカスタムカラーを選択します。カスタムを一度タップすると使用中の色が選択され、再度タップするとカラーホイールが開き新しい色を選択することができます。
  • 不透明度 - グリッドの不透明度を設定します。このオプションは、カスタム色の使用時に選択可能です。
  • 方向 - グリッドの向きを画面に合わせるときに使う設定です。初期設定では、デッサンが作成された時点のデバイスの方向に合わせてグリッドが作成されます。
  • アートボードに限定 – 選択すると、グリッドがアートボード内のみに表示されます。この設定はすべてのグリッドタイプに適用されます。

キャンバス上でのグリッド編集

グリッドはキャンバス上で編集することもできます。グリッド編集モードにするには、「レイヤー」メニューでグリッドレイヤーを有効にします。遠近グリッドの場合は、消失点を長押ししてグリッド編集を有効にすることもできます。グリッドレイヤーが有効になっている間は、キャンバスのズームやパンは通常通り動作しますが、グリッドを編集することも可能です。

すべてのグリッドには回転ハンドルがあり、グリッドを特定の角度に動かすことができます。ハンドルをドラッグすると、スナップのターゲットラインが45度ごとに表示されます。スナップのターゲットラインが表示中にハンドルを離すとその角度に吸着します。またはハンドルを動かさずにターゲットラインが消えるのを待つと、スナップターゲットに近い特定の角度に設定することができます。グリッドを回転すると、ステータスバーに角度が表示されます。数値を長押しすると直接編集できます。

グリッドを移動するには、地平線の中心にある十字線からグリッドをドラッグするか、地平線を直接ドラッグします。

遠近グリッドでは、すべての消失点はドラッグして移動させることができます。また消失点はタップすると有効になり、複数の消失点を同時に有効にすることができます。消失点が有効になっていると、選択項目を調整するときと同じように、1本指でパンしたり2本指で移動することができます。グリッドを拡大縮小するには、すべての消失点を選択肢て2本指で拡大縮小します。

編集モードを終了するには、キャンバス上で編集操作以外の場所をタップするか、別のレイヤーを有効にするか、「完了」をタップします。

スナップ

コンセプトのスナップ機能には、描画中にリアルタイムでスナップするのと、編集中にスナップする2通りの使い方があります。スナップは「精密」メニューにあります。「スナップ」をタップすると有効/無効を切り替え、「オプション」をタップするとスナップの設定変更を行うことができます。

描画中にスナップ

グリッドにスナップ

このオプションを有効にすると、すべてのストロークはスナップ可能な最近接するグリッド線の上部に引き寄せられます。すべてのブラシの動きは維持されるので、傾き、速度、筆圧を使ってストロークに抑揚をつけることができます。

ワイヤーブラシと固定幅ブラシは、少ない制御点でクリーンな線を引くことができます。これらのツールは、ストロークの端点と頂点のみを作成します。SVG や DXF ファイルをきれいに書き出したいときには、ぜひこれらのツールをお試しください。

グリッドに位置揃え

このオプションは、ストロークをグリッド線に揃えますがスナップはしません。ストロークの方向はグリッドによって決まります (例えば、等尺グリッドでは斜線が許可されます)。手早く正確にスケッチしたいときに便利なオプションです。

オートコンプリート

オートコンプリートは、ストロークの始点と終点を接続します。表示される小さな円は、接続できる制御点を示しています。接続したい点があればタップし、不要なら無視してください。オートコンプリートは「スナップ」や「位置揃え」と併用可能です。合わせて使うと、ストロークはパス上で交差するすべてのストロークにスナップします。

使用中のレイヤーのみ

このオプションはオートコンプリートのみに適用されます。有効にすると、使用中のレイヤー上の線のみにスナップします。

編集中にスナップ

すでに引いてあるストロークを選択すると、スナップを使って調整することができます。スナップできる制御点は以下のとおりです。

  • 1つのストロークを選択した場合、スナップする制御点は、任意のラインの始点と終点になります。
  • ストロークがスナップでグリッドに引き寄せられる場合は、頂点がスナップターゲットの役割も果たします。
  • 複数のストロークを選択した場合、四隅と中心点にスナップします。
  • 図形定規と併用すると、スナップはハンドルと中心点に適用されます。

「グリッドにスナップ」オプションを選択した場合、選択アイテムのキーポイントをグリッドにスナップすることもできます。「使用中のレイヤーのみ」を有効にすると、使用中のレイヤー上のストロークのみにスナップします。

スナップとグリッドを使って描く

スナップを有効にして描く場合、グリッドはそれぞれ制約される方向に従ったガイド設定が適用されます。

ドットグリッド - スナップ: 水平方向と垂直方向の線のみ。位置揃え: 水平方向、垂直方向、45度の斜線。

方眼紙 - スナップ: 水平方向と垂直方向の線のみ。位置揃え: 水平方向と垂直方向の線および45度の斜線。

罫線用紙 - スナップ: 水平方向と垂直方向の線のみ。位置揃え: 水平方向と垂直方向の線および45度の斜線。

等尺グリッド - スナップ・位置揃え: 60度の斜線のみ。

三角方眼紙 - スナップ・位置揃え: 60度の斜線のみ。

1点透視 - 位置揃え: 水平方向と垂直方向の線、および地平線上の1つの消失点に向かうパース線。

2点透視 - 位置揃え: 垂直方向の線、および地平線上の2つの消失点それぞれに向かうパース線。

3点透視 - 位置揃え: キャンバス上の3つの消失点に向かうパース線のみ。

グリッドのチュートリアル

グリッドの設定方法や使い方、パースの上達法などに関する図解チュートリアルを用意しているので、ぜひ参考にしてください。

How to Edit Your Grid (英語) - コンセプトのグリッドの設定方法とカスタマイズ方法を説明します。

How to Create Lined Paper (英語) - メモ書きなどに便利な罫線用紙を無限大のキャンバスで設定する方法を説明します。

How to Set Up a Perspective Grid in Concepts - コンセプトで遠近グリッドを設定したりカスタマイズする方法を説明します。

How to Sketch with a Perspective Grid - 1点透視、2点透視、3点透視の遠近グリッドでデザインやイラストを描く方法を、さまざまな演習で実践しながら学びます。

絵の描き方: 遠近法の基本 - 動画チュートリアル「絵の描き方」シリーズの一環で、パースの基本を理解するのに役立つ動画です。

計測

計測を有効にすると、ストロークの横に実寸が表示されます。計測の単位とスケールは、アプリの設定に従います。iPadで設定されたポイントや単位 (インチまたはメートル表示) を選択するか、インチ法 (フィート、インチ) 、メートル法、または希望に合わせて具体的な単位 (ピクセル、フィート、センチなど) を指定します。

寸法ラベルを使った間取り図の例

これらの寸法を画面上に表示させておくには、計測タグをタップしてキャンバスに固定させます。なお寸法を表示させたり、デッサンと一緒にエクスポートできるのは、計測が有効な場合に限ります。

任意の数値を入力。

ストロークを選択してから計測タグを長押しして任意の長さを入力します。すると選択したラインの長さが入力値の長さになります。またステータスバーの長さ表示を長押しして、選択項目の長さを変更することもできます。

計測タグを長押し+ドラッグすると、引いたラインの周囲にタグを再配置できます。

直線定規を使い計測を実行。

図面の寸法を正確にするために、計測機能を図形定規と一緒に使うのも便利です。計測タグを長押しして任意の数値を入力すると、定規全体が入力値に合わせて調整されます。長方形の一辺の長さを設定すれば、長方形全体が調整されます。円の半径を長押しして数値を入力すると、円も同様に調整されます。角度定規を含めて、どの図形定規のどの数値でも同じように調整することができます。

またデッサン内の特定のストロークに固定されない、宙吊りの寸法を作成することもできます。詳細は図形定規の項目を参照してください。

スケール

スケールとは、画面上の大きさと実物の大きさを比較するための倍率のことです。例えば、模型飛行機でよく使われるスケールは1:24や1:72で、これは図面が実物の1/72の大きさで描かれていることを表します。

「計測」の左側にある比率/単位のボタンをタッチすると 「デッサンのスケール「と「単位」 を設定できます。これは「精密」機能が アプリのすべてのツールやガイドに影響する重要な部分です。(ステータスバーの歯車アイコンの設定からもアクセスできます。)

設定メニューの「ワークスペース」タブが表示されます。「デッサンのスケール」でよく使われるスケールのショートカットをタップするか、特定の数値を入力します。「デッサンのスケール」の真下にある単位も必ず同時に設定してください。そうしないと元の単位に戻ってしまいます。

  • ズーム率100%では、iPadの比率が1:1だと実寸大になります。画面上にものさしを置いて測ってみると、1:1インチはものさしでも画面上でも、実際に1インチになっています。

この時点からは、すべてのツールと計測の数値はこのスケールに従って表示されるので、例えば2ポイントに設定したペンが突然0.015インチと表示されても驚かないでください。ツールのプリセットは設定通りのままで、単位のみが変換されます。

インポートした図面や写真にスケールを設定する方法

1. プロジェクトにスケールを設定するためには、実際の空間を正確に採寸する必要があります。メジャーやものさしを使って、図面に使う壁や断面の実寸を1本測りましょう。画面上に分かりやすく表示できるものである限り、採寸対象はどれでも構いません。

2. 写真や図面をキャンバスにインポートします。(この過程で画像の透過率を低めておくと、ツールやデッサンが見やすくなり便利です [詳細は「レイヤー」参照] 。)

3. 「精密」を有効にして、「計測」をオンにします。

4. 直線定規を有効にして、図面のつまみを、壁などの現実空間で計測したものと同じ場所に揃えます。直線定規の中心の十字線をダブルタップすると、線を引いたときに線の境界が寸法内に収まるので便利です。

5. 「計測」の横に表示されている1:1の比率をタップします。すると設定した単位、スケール、ズーム率にしたがって、「デッサンのスケール」の数値が現在の直線定規の長さを示します。

6. 実寸を2番目の項目に入力し、任意の場所をタップしてメニューを終了します。これでキャンバス上の「計測」ボタンの横にある比率が、「1: 新たに計算された数値」になります。 この比率は、ズーム率に関わらず一定となり、直線定規を拡大縮小しても変わりません。

スケールの設定方法の完全図解チュートリアルは Scale and Measurement in Concepts 5を参考にしてください。

図形定規

図形定規はデザインスケッチの強い味方です。オブジェクト のような既成のスタンプとは異なり (有効時には計測機能が使えますが調整機能は限定的) 、図形定規はあらゆる角度や半径を正確にコントロールできます。このツールを使えば、完全な図形の一部や全体を描いて、大きさや形、角度を自由自在に調整できます。

図形定規を有効にすると、さまざまな機能が表示されます。

  1. 定規自体の: グレーの境界線は使用中のブラシの太さをを反映し、図形をトレースすると塗りつぶされる領域を示します。図形を描くには画面上の任意の場所でトレースします。
  2. 定規のサークルまたはつまみ: つまみをタッチして左右に引くと、動きに合わせて図形が拡大縮小します。
  3. 十字線: ガイドの中央に位置し、十字線をタップ+ドラッグすると、定規を変更せずに全体を移動できます。十字線をダブルタップすると、定規ごとに以下のような特別な機能に対応します。
    • 直線定規は,、引いたストロークをつまみの間に収めます。
    • 円弧ツールは、完全な半円を描きます。
    • 角度ツールは、90度にスナップします。
    • 円形ツールは、完全な正円を描きます。
    • 長方形ツールは、完全な正方形を描きます。

図形定規は計測機能と併用することで本領を発揮します。両方を有効にすると、直線や図形を正確な寸法と角度で描くことができます。定規には計測ラベルが表示され、タップして図面に貼り付けることができます。(「計測」が有効なら図面と一緒にエクスポートも可能です。) また長押しするとキーボードで数値を編集できます。

さらに図形定規を使って、特定のストロークやグループに属さない宙吊りの計測ラベルを作成することもできます。デッサンにスケール表示を追加するなど、より幅広い用途で使えます。このラベルは、寸法をタップするだけでキャンバス上に固定できます。ラベルを選択して移動したり、他のストロークのようにスケールすることもできます。

図形定規や選択項目を回転させるには、キャンバス上部のステータスバーの角度表示を長押すると、キーボードが表示されます。上部のリストにあるプリセットから選択するか、カスタム値を入力します。選択項目は時計回りに回転します。

精密ツールを使い始めたばかりで、ツールの使い方を練習したいという方は、初心者向けチュートリアル How to Design in Concepts 5 を参考にしてください。