プレゼン表示

コンセプトでプレゼンするのはとても簡単です。HDMI ケーブルや AirPlayでご利用のデバイスを外部ソースに接続するだけで使用できます。AirPlay は Apple TVへの接続や、Zoomなどのビデオ会議アプリ、Reflector のような macOS の AirPlay 対応アプリにも対応しています。

接続した後は、メニューを非表示にしてキャンバスを表示するか、または操作画面を含めたキャンバス全体をミラーリングするかを選択できます。スタイラスペンや指先操作を参加者と共有する設定の切り替えもできます。

最後に、ワークスペース全体に設定する「単位」を選択します。

iPad や iPhone を外部ソースに接続する方法

1a. HDMI ケーブル ( Apple の推奨品 はこちら) を使って、外部ソース (TV画面、モニタなど) を iPad や iPhone と接続します。

または

1b. iPad / iPhone と Apple TV または他の AirPlay 受信機の間で、AirPlay の接続を有効にします。有効化するには、iPad のコントロールセンターを開いて (iOS 12 では、画面右上から下方向にドラッグ)、「画面ミラーリング」をタップします。利用可能な画面のオプションが表示されます。

2. デバイスを受信機に接続したことがない場合は、表示されるデバイス名を選択します。すると別画面でコードが表示されます。iPad にコードを入力すると、デバイスがペアリングされます。これで iPad がデバイスを記憶し、次回からはただちにミラーリングされるようになります。

3. メイン画面に戻り、iPad の画面が外部ソースに表示されます。コンセプトを開いてない場合は、起動してデッサンを始めましょう。

アプリでプレゼンする方法

1. デッサン内に、画面上部のステータスバーに赤字で「プレゼン表示中」という表示があります。「プレゼン表示中」をタップすると、切り替え操作が表示されます。

2. 描画中に「タッチを表示」するかどうかを選択します。次に「すべてをミラーリング」(ツールメニューを含むキャンバスの全画面) を表示するか、初期設定の「プレゼン表示中」モードでキャンバスのみ表示するかを選択します。

3. 「プレゼン表示中」モードでは、参加者が他の画面で見ているものを示す、二重線の境界線が現れる場合があります。この境界線が表示されるのは、外部画面の形があなたのデバイス画面の形と異なる場合のみです。双方のアスペクト比が同じなら、参加者はデバイスの画面全体を見ることができます。スケッチ、ズーム、パン、選択、調整など、コンセプトで通常行うすべての操作が可能です。