Settings

「設定」メニューは3つのタブに分かれており、「ワークスペース」「スタイラスペン」「ジェスチャー」を設定できます。

ワークスペース

「ワーススペース」のタブでは、キャンバスの作業環境を設定できます。

このメニューの最初のオプションは、「バックグラウンド」です。コンセプトでは9種類の背景を提供しており、繊細なテクスチャを持つ標準的な用紙タイプのほか、透明、ブループリント、ダークプリントなどから選べます。またカスタム色で背景を作成するオプションも用意しています。

二番目の機能は、「グリッドタイプ」です。ここでは「ドット」、「10/100」、「16/64」、「等尺」の4種類のグリッドが選べます。詳細は「グリッド」を参照してください。

次は「アートボードのサイズ」です。特定のサイズの絵を作成したい場合は、ここで境界線を設定します。コンセプトが提供するプリセットを使うことも、入力欄を長押しして数値を入力し、カスタムサイズのアートボードを作成することもできます。よく使うサイズには4つのショートカットが用意されていますが、サイズ入力欄を長押しして、キーボードの上にあるプリセット欄を開けば、さらに多くのプリセットを見つけることができます。標準的な用紙サイズや画面サイズ、名刺サイズも用意しています。

プロのコツ: キャンバス上でアートボードの角を長押しすると、アートボードを移動させることができます。デッサンを適切な大きさにフレーミングしたり、画像を正確なサイズにクロッピングしたり、実際の大きさに対するデッサンのスケールを参照するのに便利です。エクスポートする際には、アートボードのサイズに合わせて画像を取り込むことができます。

次のメニューは「デッサンのスケール」です。ショートカットから選択するか、入力欄を長押しして他のプリセットを選択またはカスタム値を入力します。単位も長押しで変更できます。

最後に、ワークスペース全体に設定する「単位」を選択します。

スタイラスペン

「スタイラスペン」のタブでは、使用するスタイラスペンに固有の設定を行います。Apple Pencil を使う場合は、筆圧感度の調整と有効化、および傾きの有効化ができます。また、ペンから独立して機能する 5 つのフィンガーアクション (「何もしない」「選択中のツールを使う」「ナッジ」「キャンバスをパン」「選択」「設定済みツール」) も選べます。例えば「選択」を設定すると、指を使って素早く選択し、Apple Pencil で描き続けることができます。

他のスタイラスペンのショートカットボタンは、ペンの接続後に設定可能になります。ボタンは、「何もしない」、「元へ戻す」、「やり直す」、「最後のアイテムを選択」、「レイヤーを表示」、「カラーホイールを表示」、「ツール設定」、「オブジェクトを表示」に設定できます。他のタッチペンの詳しい設定方法は「スタイラスペンを使う」を参照してください。

ジェスチャー

「ジェスチャー」タブでは、アプリの操作方法を選択できます。最初に「1本指」と「2本指」のフィンガーアクションの情報があります。1本指の設定にはチェックボックスがあり、チェックすると、AirPlay経由で別の画面に表示する際に、タッチ操作が画面表示されます。この設定は、iPadやiPhoneでコンセプトを通常使用する上では何の影響もありません。

2本指操作のデフォルト設定は、キャンバスの回転です。キャンバスの角度を常に維持したい場合は、2つ目のチェックボックスを外して、キャンバスの回転を無効にします。ときどき回転させる必要があるけれど、いちいちメニューを行き来するのが面倒なときは、ステータスバー右上の角度の数値を長押しして、キーボードから回転させる角度を入力します。

長押し時間設定は、長押し操作が反応するまでの時間をお好みに応じて設定できます。長押し操作を素早くするには、つまみを左側にドラッグして秒数を短く、逆に応答が早すぎると感じる場合はつまみを右側にドラッグします。

「選択対象をハイライト表示」: コンセプトは、選択対象を自動的にハイライト表示し、他のすべてをグレー表示するように設定されています。このチェックボックスを外すと、この設定を無効することができます。

2 本指タップ3 本指タップ4 本指タップは、ワークフローの高速化に大変役立ちます。それぞれのジェスチャーには、「元へ戻す」、「やり直す」、「最後のアイテムを選択」、「レイヤーを表示」、「カラーホイールを表示」、「ツール設定」、「オブジェクトを表示」、「図形定規を切り替え」、「インターフェイスを切り替え」、「キャンバス回転を切り替え」、「キャンバスズームを切り替え」、「何もしない」という12のオプションが用意されています。いろいろ試してもっとも便利なオプションを見つけてください。