ブラシとツール

ブラシジェスチャー

ツールはタップするだけで、すぐに描き始めることができます。傾きや筆圧感知に対応するスタイラスペン (Apple Pencilなど) やツール (動作はツールごとに若干異なります) もあり、画面上でペンを傾けたり押し付ける動きに自然に反応します。さっそく試してベストな使い心地を見つけてください。

ツールホイールの項目で説明したように、真ん中の円で選択中のブラシのサイズ (大きさ)、不透明度 (透明度)、滑らかさ (ラインのデコボコ感や滑らかさ) を調整することができます。滑らかさの設定は、0%は描いた線のまま、100%はどんなにガタついた線でも始点と終点の間が直線になります。揺れる電車内での作業や、手描きの線の調整に便利です。いずれかのオプションをタップするとプリセットが表示されます。またはショートカットとして、指でドラッグして調整することもできます。

ブラシメニューにアクセスするには、選択中のツールをもう一度タップするか、非選択のツールをダブルタップします。

ブラシメニュー

「ブラシ」メニューでは、より全体的な視野でツールを設定することができます。一番上にはブラシビューアがあり、設定に応じて刻々と変化します。ビューアでツールを試し描きすることもできます。

ビューアの下には、作業中のデッサンで使用したブラシがあります。また「マイブラシ」の下には、基本のツールセット (編集不可) があり、手描き風やメカニカルブラシなど様々な種類から選ぶことができます。また自分でオリジナルのブラシを作成したり (詳細後述)、「ブラシマーケット」でブラシを購入することもできます。自作したブラシやブラシパックは「マイブラシ」に、購入したブラシはすべて「購入済」に保存されます。

さらに下にスクロールすると、「ブラシマーケット」があります。さまざま種類のアーティスティックなブラシライブラリが用意されており、クレジットでアンロックできます。オブジェクトライブラリも同様の方法で利用可能です (サブスクリプション契約ならすべてアクセス可能です)。これらは丹精込めて創られた編集可能なスタンプブラシで、ベクターの操作性も備えています。

基本のブラシとツール

ペン

自己表現や不変性をカタチにするとき、スケッチで最もよく使われるのがペンです。ペン万年筆ツールは、描く速さに応じて線幅が変化し、速く描くほど線は太くなります。ダイナミックペンは筆圧に反応します。固定幅ペンはその名のとおり、一定の線幅を維持します。

ワイヤー

このツールは、従来のCADやベクターツールのような働きを持ちます。ズーム率に関わらず一定のライン幅が保たれるので、ワイヤーフレーム、簡単なCADの作図、透視図のレイアウトなどの作成に最適です。ワイヤーを使ったSVGファイルを他のベクタープログラムにエクスポートしても、そのままクリーンなファイルを維持します。

ソフト & ハード鉛筆

本物の鉛筆をモデルにした定番ツールで、それぞれ質感や手触りが微妙に異なります。Apple Pencil など対応するスタイラスペンを使えば、傾き、筆圧、速度に自然に反応します。絶妙なシェーディングを描くには、本物の鉛筆のようにペンを傾けてみてください。

マーカー

コピックマーカーを使ったことがありますか?コンセプトのマーカーは、この人気マーカーと同じ質感、透明感、エッジを持っているので、ハイライトやテクスチャリング、イラスト作成などに大活躍します。お好みに合わせて、ペン先の太さや不透明度を自由自在に調整しましょう。

水彩絵具

このアーティスティックな水彩ブラシは、同じレイヤーで連続した水彩ストロークと美しくブレンドします。同一レイヤー内では、別の種類のストローク (ペンなど) を間に使用することで、混色を防ぐことができます。消しゴムツール (後述) を使えば、混色に影響することなく、異なる部分をマスクすることができます。このブラシを無限のレイヤーで使用して、自然なドライエッジの効果をお楽しみください。

エアブラシ

このエアブラシは、本物の絵具のように繊細なテクスチャやソフトなエッジをスクリーンに描きます。スケッチ愛好者の人気ツールであり、ハイライトやペイントにも、デザインに輝きを添えることでしょう。

塗りつぶし

バケツ塗りツールとは異なるのでご注意ください (バケツ塗りはベクター形式にとって非常に難易度が高い技術であり、現在鋭意開発中です)。塗りつぶしストロークのツールは、コンセプト独自のブラシです。単純な形から屈曲や複雑な図形まで、あらゆる形状をペンや指先で描いて、ポジティブスペースを塗りつぶします。

「ポジティブスペース」とは、最初に描画した線の始点と終点の内側にある領域です。つまり、同じストロークで2度目に描かれた空間は含まれせん。塗りつぶしエリアが交差すると「ネガティブスペース」が生まれ、その部分は塗りつぶされません。同じストロークで3度目に描かれた空間は、再びポジティブスペースとなり塗りつぶされます。

塗りつぶしは滑らかでクリーンな仕上がりになり、不透明度もカスタマイズ可能です。陰影や光の表現や、複雑な図形の作成などに最適なこのブラシは、デザインやアートの可能性を広げるツールになるでしょう。

トラブルシューティング: 塗りつぶしは線の始点と終点を考慮するので、線の滑らかさは100%未満に設定してください。そうしないと、描いた形が線や点の中に消えてしまい、残りのストロークが存在しないかのように見えてしまいます。同様に、透明度は0%以上に設定してください。そうしないと他のストロークのように消えてしまい、その範囲を選択したときにやっと気づく羽目になりかねません。

塗りつぶしツールのチュートリアルは、Drawing Shapes Instead of Lines: 8 Exercises for Filled Strokeをご覧ください。

ドット

注釈や境界線を入れたり、ちょっとレパートリーを広げるのに便利です。点線は、無数のドットではなく1本のストロークで描かれます。カラーや不透明度、滑らかさに敏感なテクスチャ感のあるストロークとしてご利用ください。

セレクションツール

「セレクション」ツールは、どのツールスロットにも追加できます。1つのアイテムのみを選択するアイテムピッカーと、複数を選択する投げ縄という、2つのモードがあります。この2つのモードは、キャンバスの下部にあるポップアップで切り替えるか、または画面の任意の場所に2本目の指を置いて一時的に切り替えることができます。

またキャンバスの任意の場所を長押しして「セレクション」ツールを呼び出すこともできるので、作業中にわざわざツール変更するのが面倒な時に便利です。さらにスタイラスペンの設定でフィンガージェスチャーとして設定することも可能です。このツールの詳細はセレクションを参照してください。

ナッジ

「ナッジ」ツールは、描いた線を1本の糸のように曲げたり歪めることができます。線を引っ張るには、ペンでストロークを直接タッチしてから、動かしたい方向へドラッグします。線を押すには、ペンを線から離れたところでタッチして、ペン先に小さな円が現れるのを確認してから、線に向かってペンを動かします。ツールのサイズは、ツールホイールにあるサイズのプリセットで調整可能です。小さいサイズでズームインすると狭いコーナーをナッジでき、大きいサイズでズームアウトするとゆるやかなカーブをナッジできます。

ナッジツールのイラスト付きチュートリアルはこちらです。

ナッジを使ってアイコンを作成する動画チュートリアルはこちらです。

パン

作品をクライアントに見せたい、または無限大のキャンバスでパンしたい…そんなときは「パン」ツール、別名「表示専用ツール」が便利です。デッサンをうっかり選択、変更することなくパンやズームができます。

テキスト

テキストラベルを使うと、手際よくデッサンに注釈を加えることができます。テキストは、他のストロークや画像と同じ方法で操作可能です。

  1. 使用中のツールをテキストに設定します。すでにツールバーに含まれているかもしれませんが、無い場合はブラシメニューから追加してください。
  2. 画面上の任意の場所をタップして、新しいテキストラベルを追加します。キーボードが表示されるので、文字を入力またはペーストします。「完了」をタップするとキーボードが消え、テキストが確定します。

テキストラベルを編集するには、ラベルを選択してから、ポップアップ画面のテキスト編集アイコンをタップすると、キーボードが再び現れます。

他のストローク同様に、テキストラベルのスタイルも選択して外観を編集することができます。テキストを選択して、ツールホイールで色や不透明度を変更したり、セレクションのポップアップ画面を使って回転、反転、スケール、グループ化、ロック、削除などを行ったり、制御点を使ってテキストをスターウォーズのオープニングロール風なパースに引き伸ばしたり、デッサンに合わせて配置することもできます。

コンセプトは、ユーザーのデバイスが入力対応するあらゆる言語に対応しており、絵文字も使えます。現在利用できるフォントは1種類のみですが、将来のアップデートで複数のフォントを提供予定です。

スライス

スライスツールは、ベクター形式では実物の消しゴムに最も近い働きをします。とはいえピクセル形式の消しゴムではないので、ストロークの角をぼかすことはできませんが、ストロークをバラバラに切断して、個別の独立したストロークとして再定義することができます。また円盤状のスライス範囲をスライドしてベクターデータを消去、すなわち破壊することもできます。

スライスの円盤の大きさは調整可能です。大きくして落書きをひとまとめに「消去」したり、または小さくしてより正確に切断してから残ったラインを選択・消去することもできます。

またサイズをゼロに設定して、ストロークの長さを変えずに分割することもできます (正確な寸法が必要なストロークに便利です)。円盤を線の上で横断させても何も変わってないように見えるかもしれませんが、ストロークのいずれかの先端を選択すると、2本に切断されていることが分かります。

塗りつぶしストロークのツールで作成した図形をスライスする際は、外縁部から図形の内側に向かって切断し、領域全体を分割します。

スライスの使い方の詳しいチュートリアル (およびハード消しゴムやソフト消しゴムとの使い分け方) は、 The Slice Tool: Divide and Conquer Your Ideasをご覧ください。

ソフト & ハード消しゴム

ピクセル形式の場合、消しゴムで消したものは永久に消去されます。それに対してベクター形式は、異なる方法でデータの処理や記憶を行います。Adobe PhotoshopやAutodesk Sketchbook Proなどを使い慣れている方は、コンセプトの消しゴムをマスキングツールとして考えると分かりやすいでしょう。コンセプトの消しゴムは、視覚的にあらゆるものを消去できますが、データ自体は消滅ません。あとから古いストロークを取り出したり、描き進めながらマスクを調整することができます。

ストロークを完全に削除したい場合は、長押しで選択してから「削除」を実行します。またはスライスツールを使って、選択箇所を切断して削除するか、キャンバス上から破壊します。

消しゴムボタンをダブルタップすると、「クイック消去」メニューが開きます。ここではすべてを削除したり、すべてのストローク、画像、テキストを消去できます。

消しゴムはズーム率に関係なく同じサイズが維持されます。つまり拡大するほど消す範囲が小さくなるので、細かい作業に便利です。また消しゴムのサイズは「サイズ」のスライダーで変更することができ、消せる範囲もそれに合わせて変更します。

ハード消しゴムはくっきりと明瞭な消し跡になります。ソフト消しゴムは鉛筆や水彩絵具との相性が抜群で (その他ツールもすべておすすめですが) 、リアルでアート性の高いソフトな消し跡になります。

ブラシマーケットのブラシ

「ブラシマーケット」のブラシは、絵にアーティスティックな質感を添える特殊なブラシです。ブラシエディタと連携するように設計されており、スタンプやグレインをベースにしています。他のベクターツールと同様にあらゆる調整が可能ですが、基本ブラシと異なりピクセル形式の画像、つまり「スタンプ」で作成されています。

この特徴が問題になりうる唯一のケースは、超大判のポスターを作成するなど、解像度が重要になる場合です。かなり大きく拡大すると、スタンプを構成するピクセルが見えてきます。これが問題になる場合は、基本ブラシを使いましょう。またダイナミックペンもスタンプ形式なので使わない方が良いでしょう。将来的には、このペンを解像度非依存のブラシへアップデートしたいと考えております。

ブラシマーケットにあるブラシは、すべて編集可能です。メニュー最上部のプレビューウィンドウで「編集」をタップすると、ブラシエディターが開きます。最初にブラシを複製してから編集することをお勧めしますが、ブラシエディター最上部の「リセット」をタップすれば、いつでも元の設定に戻すことができます。ここでは絵のスケールに合わせてブラシのグレインサイズや回転を変えることができます。ブラシ編集やエディターの使い方の詳細は、このページの下にある「カスタムブラシの作成」をご参照ください。

Memphis模様 - ブラシに色を加えるだけで、遊び心ある模様が作品を彩ります。

外壁 - 設計図に自然でリアルな外観を。石材、パネリング、コンクリート、漆喰、鋼板など様々な壁材をお試しください。

パステル - 実物の素材をもとに制作されたドライパステル、オイルパステル、チョーク、パステル消しゴム、チャコールは、本物さながらの外観と質感を実現します。

鉛筆 - 基本ツールのハード鉛筆とソフト鉛筆を補完する鉛筆です。4B グラファイト鉛筆、2H グラファイト鉛筆、ナイフで削った鉛筆、カーペンター鉛筆、円形や四角型のグラファイトスティック、シャープペンシルなど、定番のスケッチ用鉛筆がフルセットで揃います。

ペン - これらのペンがあればインク式のデッサン道具一式は完璧です。ボールペンやゲルインクボールペンを始め、筆ペンは硬め、普通、柔らかめの3タイプ、さらにフェルトペンとフェルトマーカーをご用意しています。

スプレーペイント - 美しいスパッターやスプレー塗装で作品を彩るグラフィックペイントツールです。粒子タイプは粗め、普通、細かめのほか、フラット、サイドスプレー、スパッタなどのスプレーをご用意しています。

エアブラシ - あらゆるデザインをソフトで滑らか、均一に塗り上げるエアブラシです。ブラシは硬め、普通、柔らかめタイプのほか、ダイナミックとフラットタイプがあります。

ハーフトーン - ビンテージ感漂うハーフトーンブラシは、1890年代以降の印刷技術を元にしており、漫画やイラストにクラシックな風合いを添えます。 このブラシの使い方や編集方法はこちらをご参照ください (英語のみ)

カスタムブラシの作成

ブラシエディターでは、自作のブラシを作ることができます (サブスクリプションまたはエッセンシャル) の購入が必要です)。これらのブラシは画像つまり「スタンプ」形式で作成され、筆圧、傾き、速度に反応するほか、間隔、散布、回転を設定することができます。簡単なブラシから複雑で繊細なブラシまで、自分のスタイルにあったブラシを簡単に作成できます。

ブラシを作成するには、ブラシメニューの「マイブラシ」で「+ 新しいパック」をタップして、新しいブラシセットを作成します。次にセットに表示される「無題」のブラシをタップするか、ビューア上部の「ブラシを編集」をタップすると、ブラシエディターに進みます。

[左側ラシメニューの「無題」ブラシをタップ。右側: ブラシエディターの画面。 ]

ここにはライブ表示のビューアとブラシ名 (名称変更するにはタップ) が表示されます。ブラシのリセット、複製、削除もここで行うことができます。

基本設定

次にあるのはブラシの「基本設定」です。ブラシには、スタンプブラシと露出ブラシの2種類があります。これらのブラシは、基本的に相反する機能を持っています。

  • スタンプブラシは、1つまたは複数の画像を使ってスタンプを作成し、設定した間隔で重ねることでブラシの質感を作り出します。本物のスタンプをポンポン押し続けながらストロークを描くイメージです。
  • 露出ブラシは、ブラシの画像をベースにして、その下にあるグレインを浮き彫りにします。水彩絵具が良い例えで、絵の具が画用紙に染み込むことで、顔料が紙の質感を引き立てます。このブラシのストロークは均一で一貫性があり、ストロークが二重になっても「重なり合う」ことはありません。

スタンプ & グレイン

ブラシタイプを選択したら、スタンプ & グレイン に進みます。ここではブラシのベースとなる画像 (JPEGまたはPNG) をアップロードすることができます。ここでいう「スタンプ」とは、上述のブラシタイプではなく画像のことを指します。こちらのチュートリアルで、ブラシにスタンプとグレインの作成する方法を詳しく説明しています。

デジタルメディアの難しいところは、従来の手描きツールならではのランダムで自然なストロークや「嬉しい誤算」を再現することです。これを実現するために、他社のどのイラストアプリよりも多い最大9つのスタンプを取り込めるようにしました。他の調整機能と組み合わせて、これらのスタンプを重ねることで、ストロークにランダムで豊かな深みや表現力が生まれます。

スタンプを取り込んでからグレインを取り込みます。グレインとは、ブラシにさらなる質感を加える背景画像です。グレインに最適なのは、画像が繰り返し描画されるときに、その境界線が見えない「シームレス」な模様です。シームレスなグレインの作成方法はこちらを参考にしてください (自作ブラシが面倒な方にはサンプルを紹介しています)。

取り込み画像の下にあるスライダーを使って、グレインの回転とスケールを編集することができます。「すべてのストロークのグレインの位置を揃える」をチェックすると、スタイラスペンを持ち上げてさらに色を塗るときにグレインが重ならないように固定され、キャンバス上にシームレスなパターンとして表示されます。

プリセット & 基本ダイナミクス

プリセット & 基本ダイナミクスには、メインのキャンバス設定でおなじみのサイズ、不透明度、滑らかさのプリセットが用意されています。また差異グラフを使い、スタイラスペンの筆圧、傾き、速度に合わせてブラシの動きを微調整することもできます。

  • サイズ: サイズのスライダーを使うか、プリセットの入力欄を長押ししてカスタム値を入力して、ブラシサイズの中央値を決めます。これは、グラフで100%の線で表されるサイズです。筆圧などのばらつきの設定度合いに応じて、ブラシのサイズはこの設定値を中心に変化します。
  • 不透明度: 不透明度のスライダーとグラフも基本的に同じ使い方です。露出ブラシを選択した場合は、重ね描きしても濃くなるわけではないので、不透明度の差異グラフは表示されません。スライダーを使ってブラシの全体的な透明度を上げることはできますが、ストロークの動作自体を調整することはできません。
  • 滑らかさ: 滑らかさはパーセンテージのみの設定となり、グラフは提供されません。

曲線に抑揚をつける

グラフを調整する前に、まずライブプレビュー画面でストロークを試し描きすることをお勧めします。

1. ビューワーにストロークを描きます。 2. すると白いグラフ背景が現れます。

ラインを引きながら、グラフにも注目してください。棒グラフの背景に白い部分が現れるのが分かります。これは描画中のブラシのストロークが、ビューアにリアルタイムで表示されているということで、実際に描きながら加えている (設定に応じた) 筆圧、傾き、速度を反映しています。棒グラフを調整すると、その効果がビューアで確認できます。自作ブラシが自然な使い心地になるように、さまざまな設定をお試しください。

一般的には、白い表示部分がなだらかな右肩上がり、または右肩下がりになるのが理想的です。例えば筆圧を感知する万年筆は、描き始めは細くなり、ペンを押し付ける強さに応じて徐々に太くなります。このペンでは「サイズ」プリセットの「筆圧」の動きを使い、グラフの左端から右端へなめらかな右肩上がりの線を引きます。すると下のようなストロークになります。

もし描き始めを太くし、筆圧や速度などを加えるに連れて徐々に細くしたい場合は、差異グラフを右肩下がりにします。

ストロークの中央部分になる棒グラフを極端に上下させると、ブラシのストロークが「偶然」または「予想外」の変化を見せます。アーティスティックな気分に浸りたいなら、このような「ガタガタ」なグラフでどんなストロークがビューアに現れるか試してみましょう。

しかし、一般論としてはなめらかな線の方が良いでしょう。グラフの白い部分全体が、シンプルな右肩上がりまたは右肩下がりのストロークになっていれば十分です。

これらの設定をブラシに適用しながら、ライブビューアで効果を確認してください。気に入らない時はいつでもグラフをリセットできます。 グラフをリセットするには、グラフの端にある縦軸の設定値 (1% — 1000%) をダブルタップします。

この設定軸は、グラフの下半分は1 - 100% (入力したサイズや不透明度の数値) ですが、上半分は100 - 1000% と急激に増えています。グラフの大部分は下半分に収まりますが、100%以上でストロークを描き続けると、ビューアでブラシストロークの変化が大きくなります。

An additional note - the range on the white box for pressure is directly related to the pressure setting for your stylus in Settings -> Stylus. You can adjust this setting to between 30 and 70% for a nice clip your brush’s action.

シェイプの設定

次に説明するのはシェイプの設定です。ここでは、スタンプの間隔、散布、回転が調整できます。調整しながらライブビューアを確認し、スタンプが設定内容に反応する様子をお楽しみください。

それぞれの設定では、スライダーのつまみが真ん中で分かれています。このつまみは、形状にランダムな「ジッター」、つまり不規則な揺れや歪みを加えることができます。つまみ同士をくっつけると、ジッターはつかずにストロークパス上に均一の間隔や回転で描画されます。つまみを離すと、スタンプにランダムな変化をつけることができます。

  • シェイプの間隔は、スタンプの間隔を調整できます。つまみを離すほど間隔がランダムになります。
  • シェイプの散布は、スタンプをストロークパスの上下に散りばめることができます。つまみを離すほど散布がランダムになります。
  • シェイプの回転は、ストロークライン上のスタンプの回転角度を変更できます。つまみを離すほど角度がランダムになります。

ストロークパスに沿って回転 初期設定では、ストロークはスタイラスペンの方位角 (倒れている方向) に沿って回転します。つまり、スタイラスを上下に傾けると、ストロークもそれに従い回転します。この回転を無効にするには、チェックボックスをオンにします。

詳細設定

最後に、詳細設定では自作ブラシが表示されるレイヤーを定義できます。自動レイヤリングでは、ストロークはツール別に分類されます。例えば自作ブラシを「ペン」に定義すると、そのブラシはデッサンで使った他のペンツールと一緒に「ペン」のレイヤーに表示されます。

レイヤーラベル (上の画像では「Custom」) をタップすると、キーボードと、あらかじめ設定されたいくつかのレイヤーラベルが表示されます (「画像」、「鉛筆」、「マーカー」、「エアブラシ」、「ペン」、「ワイヤー」、「テキスト」、「塗りつぶし」、「水彩」、「カスタム」)。いずれかのラベルをタップしてブラシのツールタイプを定義したり、「使用中のレイヤー」に表示されるように設定したり、あるいは独自のブラシ名を入力することもできます。

ぜひ楽しみながら自作ブラシに挑戦してみてください。最初はちょっと難しそうに見えるかもしれませんが、エディターでいろいろ試すうちに、お気に入りのマイブラシがとても簡単に出来上がりますよ。

さらに練習したい方には、写真素材を使ったブラシ作成のチュートリアルを参考にして、自分の手や顔、その他いろいろな写真を使って自作ブラシに挑戦してみましょう。またCreating an Acrylic-based Brushでは、チュートリアルに既成のスタンプが用意されているので、こちらもお試しください。

ブラシの共有

チームシェア機能を使えば、コンセプトの無料アカウントを持つ仲間とカスタムブラシを共有することができます。共有されるブラシは読み取り専用で、あなた以外のユーザーは編集できません。ブラシを変更すると、共有相手のアカウントにリアルタイムで反映されます。

共有したいブラシパック名を長押ししてから、「共有」をタップします。SMSやメールを送信するリンク先を検索するか、ポップアップ画面右上の「共有」をタップします。ブラシパックの共有はいつでも解除できます。

ブラシパックのエクスポート

ライブシェアに加えて、ブラシパックをエクスポートして仲間と共有することができます。この機能は、エッセンシャルまたはサブスクリプションを購入したユーザーのみ利用可能です。ブラシパックをエクスポートするには、ブラシライブラリでエクスポートしたいパックを長押しします。するとドラッグ&ドロップできるようになるので、「ファイル」アプリにパックをドラッグしたり、好きな場所にドロップします。エクスポートできるのは、自分で作成したパックのみです。

お好きなストア経由で、あなたのブラシを共有することも可能です。すでにコンセプトのブラシを Creative Market や Gumroad で販売しているユーザーもいます。詳しい情報を知りたい、またはブラシマーケットでブラシを宣伝したいという方は、 concepts@concepts.appまでご連絡ください。

ブラシのインポート

エッセンシャルまたはサブスクリプションの利用ユーザー限定の機能です。

他のユーザーが作成したブラシを購入したり、仲間が作成したブラシパックをインポートしたいなら、ブラシライブラリへ直接インポートできます。2通りの方法があり、1つはインポートメニューから、もう1つは「ファイル」内の「次で開く」からインポートできます。いずれの方法でも、最初にブラシパックファイルを「ファイル」に保存してください。

コンセプトのインポートメニューからパックをインポートする方法

  1. キャンバス上の「インポート」をタップしてから、「その他」をタップします。
  2. 「インポート」タブを選択します。
  3. 「ファイル」を選択します。
  4. ブラシパックファイルを選択します。
  5. ブラシパックがライブラリに追加されたというメッセージが表示されます。「OK」をタップします。
  6. ブラシパックを開くには、ツールホイール/ツールバーから選択中のツールをタップします。
  7. メニューをスクロールダウンします。ブラシパックは「インポート済み」内に追加されています。
  8. 準備完了です。ご希望のブラシを選択してさっそく描き始めましょう!

「ファイル」からパックをインポートする方法

  1. 「ファイル」を開いて、ブラシパックファイルを検索します。
  2. ファイルをタップして開きます。
  3. 右上にある「エクスポート」アイコンをタップします。
  4. 「コンセプトにコピー」を選択します。
  5. コンセプトが開き、ブラシパックがライブラリに追加されたというメッセージが表示されます。「OK」をタップします。
  6. ブラシを使うには、ツールホイール/ツールバーから選択中のツールをタップして、ブラシメニューを開きます。
  7. メニューをスクロールダウンします。ブラシパックは「インポート済み」内に追加されています。
  8. 準備完了です。ご希望のブラシを選択してさっそく描き始めましょう!

なおインポートしたブラシや、ブラシマーケットからのブラシは、動作が自作ブラシと多少異なるのでご了承ください。エッセンシャルまたはサブスクリプションをご利用の場合は、パック内でブラシの複製や編集が可能ですが、制作者の権利保護の目的上、パックから削除することはできません。意図せずオリジナルのブラシを編集してしまった場合は、ブラシエディターでいつでもリセットすることができます。