レイヤー

コンセプトには、必要に応じて柔軟にデザインできるよう、完全に調整可能なレイヤーが装備されています。無料版では5枚のレイヤー、プロ版では無限のレイヤーが用意されています。建築家の中には、クライアント向けのイテレーションが増えるにつれて1枚の図面に100枚以上のレイヤーを使う人もいます。当社のイラストレーターの多くも、それに匹敵するレイヤーを使いこなしています。

レイヤリングには、自動と手動の2つのモードがあります。切り替えはレイヤーメニュー上部の「自動」と「手動」をタップするだけです。

  • 初期設定は自動レイヤリングになっており、ツールタイプ別にレイヤーが分類されます。別のツールに切り替えると、そのツールが分類されているレイヤーに描画されます (注記: 万年筆とペンはレイヤーを共有し、ソフト鉛筆とハード鉛筆も同様です)。この機能は、スケッチノートやプレゼンテーションなど、ストロークを意識せずにコントロールしたいときに便利です。
  • 手動レイヤリングは、どのツールでもどのレイヤーにでも描くことができ、各ツールに必要な数のレイヤーを好きなだけ設定できます。無制限のレイヤーは、テクスチャ、線、色、形、被写体を無限に分類し、重ね、コントロールすることができます。使っていくうちに、調整や変更の自由度の高さを実感してもらえるはずです。

これらのモードは通常、レイヤータイプの種類や枚数に応じて描画中に自然に切り替わります。またタップして切り替えることもできます。1つのツールに対し複数のレイヤーを使用したり、1枚のレイヤーに複数のツールタイプを設定したりして「自動レイヤリング」のルールから外れた場合は、常に「手動」の設定が維持されます。

レイヤーごとに、それぞれ以下の設定が可能です。

  • レイヤーをタップして、ドローイングを有効にします。
  • 「+ 新しいレイヤー」タップして、新規レイヤーを作成します。これは常に、現在使用中のレイヤーの真上に表示されます。またキャンバスからストロークを選択してこのボタンにドラッグし、専用の新規レイヤーを作成することもできます。
  • 同じくデッサンから選択して、任意のレイヤーにドラッグすることもできます。その場合は新たな移動先へ埋め込まれます。
  • レイヤーを長押しすると、好きな順番に並べ替えることができます。
  • 左側の目のアイコンタップすると、レイヤーの表示/非表示が切り替わります。レイヤーは存在しますが、オフにすると表示されません。
  • レイヤーをダブルタップするか、目のアイコンをスクラブする (指を上下に素早くなぞる) と、フォーカスモードが有効になります。このモードでは、指定したレイヤーが分離され、そのレイヤーでのみ作業や表示ができます。レイヤーをタップすると、全レイヤーの表示に戻ります。
  • 使用中のレイヤーをタップすると、レイヤーのセレクションのポップアップ画面が表示されます。ここでは、レイヤー上にあるものすべての選択や、レイヤーのロック複製削除、下のレイヤーとの統合名称変更ができます。またスライダーに沿って指をドラッグして、レイヤー全体の不透明度を調整することもできます。

レイヤーをプロジェクトに活用するコツやテクニックは、How to Use Layers to Take Notes, Illustrate and Designを参考にしてください。