PDF

PDF (Portable Document Format) は文書共有のための世界共通言語です。このファイル形式は、フォントや画像、レイアウトなどの画像データを元のまま平坦化して、ソフトウェアやハードウェアのブランドに依存せずに共有することができます。そのためエクスポートやインポートの過程で、大切な作品が台無しになる心配がありません。

その一方で、作品を編集することができないため、デザインのイテレーションが困難になり、長時間の描き直しが必要になります。コンセプトを使えば、クリアなPDF文書の作成やインポート、マークアップ、再配置、置換、エクスポートが可能になります。この機能は、プロショップのアラカルト購入またはサブスクリプション契約で提供しています。機能はパワフルですが、操作はとてもシンプルです。

PDFのインポート

PDFをインポートするには、メール、SMS、「ファイル」、「クラウド」などのお好きな方法でファイルをご利用のデバイスへダウンロードし、コンセプトで開きます。

PDFをメールからインポート: 1. PDFをデバイスへダウンロード 2. 長押しして共有先を呼び出し 3. コンセプトのアイコンをタップ

PDFを「ファイル」からインポート: 1. 画面上隅の選択をタップしてPDFを選択 2. 画面下の共有をタップして共有場所を表示 3. コンセプトのアイコンを選択してインポートを許可

1ページのみのPDFの場合、画像と同じようにキャンバス上にインポートされます。

複数ページのPDFの場合、画面の横にスクロール可能なページが表示されます。これらのページをキャンバス上にドラッグして、画像やオブジェクトなどの選択対象と同じように、好きな位置に配置することができます。

読み込まれたPDFはキャンバス上に合わせてスケールします。PDFは、標準的な72dpiに基づいた「現実世界」のサイズを持っています。コンセプトがPDFを読む混む際は、そのサイズにならいます。例えば、USレターサイズのPDFは、キャンバス上では8.5 x 11.0インチとして表示されます。計測機能を有効にすると、取り込まれた文書はコンセプトで表示される計測と一致します。

PDFの操作

PDFの操作は、通常のジェスチャーやセレクション機能に加え、次のような操作方法があります。

  • 指またはスタイラスペンでページをドラッグするとキャンバス上に移動します。
  • ページをタップするとキャンバス上に配置します。
  • ページを長押しして選択、移動のほか、便利なセレクション機能の全操作が可能、さらにPDF限定機能として、エクスポート時の透過処理 (下記詳細) も選択できます。
  • 複数ページのPDFの場合、PDFメニューを画面の端へスワイプすると、作業中は非表示になります。
  • 再表示させるには、PDFのページを選択してからポップアップ画面の左端にある長方形と点のボタンをタッチすると再表示されます。これもPDF限定機能のボタンです。

自由自在にPDFの注釈や編集を行ってください。

コンセプトはページを上から下へ、そして左から右へと読み込みます。PDFのページを並べ替えるには、表示させたい順番にページを画面上へドラッグしてからPDFをエクスポートします。

ページが歪んでいても大丈夫です。コンセプトは、ページ内の長方形の選択範囲にあるものすべてをエクスポートし、最も遠い左右と上下のポイントを判断して調整します。水平方向なら真の水平ページに、垂直方向なら真の垂直ページに書き出します。

ドキュメント全体を再作成することなくページを置き換えるには、「PDFのエクスポート」 (選択肢 4b) を参照してください。

PDFのエクスポート

ドキュメントが思い通りに仕上がり、新規PDFとしてエクスポートする準備ができたら、「エクスポート」のメニューボタンをタッチします。すると下記の画面が表示されます。

ここにはPDFのオプションが2つあります。1つめは「PDF (Adobe PDF、平坦化)」 です。このオプションは標準的なPDFのエクスポートで、ファイルを編集不可能な高解像度の文書に平坦化します。

2つめのオプションは、「PDF (Adobe PDF、ベクターパス)」 です。コンセプトのベクターパスをPDFにエクスポートして、ベクターPDFを扱えるエディター (Adobe Illustratorなど) で使用することができます。警告: 出力された PDF は、コンセプト上のスケッチとは完全に同じではありません。線は、簡素化されテクスチャが失われた線として表示されることが予想されます。PDFは、コンセプトが生み出すリッチでテクスチャ感のあるストロークに対応していません。

希望するいずれかのPDFオプションを選択したら、「範囲」に進みます。ここでは複数のオプションがあるので、慎重に選択してください。

1. 「スクリーンショット」を選択すると、その時点で画面の境界内に表示されているページの構成や作品が、1枚のPDFページとして保存されます。

2.   「デッサン全体」を選択すると、表示されている画面の境界線内に見えないものも含めて、描いたものすべてが1枚のPDFページとして保存されます。

3. キャンバス上にアートボードを設定している場合は、「範囲」に表示されます。このオプションを選択すると、設定サイズで1枚のPDFページに書き出されます。複数のアートボードには現在対応していません。

4a. 「PDF範囲」を選択すると、複数ページのPDFを作成します。デッサン内にあるすべてのPDFページを、左から右、上から下へ読み込み、1セットのPDF文書としてエクスポート します。

4b. 「PDF範囲」を選択し、「原本」を含めると、PDFからドラッグして修正したすべてのページが、原本として自動的に置き換わり、元のPDFの更新版ができあがります。この機能は、例えば法的文書の最後のページに署名するときなどに、書類全体を再作成する必要がないので大変便利です。