ワークスペース

ギャラリーの右下にある「+」ボタンをタップすると、新しいデッサンが開きます。

ステータスバー

画面上には、黒色のステータスバーがあります。以下のようなメニューが左から右へと並んでいます。

  1. ギャラリー: タップすると、作業中のデッサンからギャラリーへ戻ります。
  2. パンくずリスト: あなたは現在「サンプルデッサン」プロジェクトの、「アクションカメラ」デッサンで、「アウトライン」を作業中です。
  3. プロショップ: 購入アイテムを表示したり、便利なツールやライブラリを検索して、創作活動をより快適かつ効果的に。アプリ改善への貢献にもつながります!
  4. エクスポート: JPG、PNG、.conceptsのファイル形式へエクスポートできます。
  5. 設定: 「設定」の歯車アイコンをタップすると、ワークスペースの設定、キャンバスのオプション、スタイラスの設定が操作できます。
  6. ヘルプ: 「ヘルプ」をタップすると、よくある質問や、年中無休のサポートライン「お問い合わせはこちら」などのお役立ち情報にアクセスできます。みなさまからのご質問やご要望がアプリ改善につながりますので、お困りの際はいつでもご連絡ください。

ツールホイール/バー

ステータスバーの下にあるのがツールホイールです。ここには8種類のお気に入りツール (それぞれ設定可能) や、「元へ戻す」、「やり直す」ボタンなどがあります。

The wheel is movable. If you tap+hold+drag (or click+drag) on the wheel, you’ll find you can drag the wheel about and put it anywhere you’d like on the canvas. Pass the center line and the wheel will switch to left-handed mode.

指の大きさに合わせて、ボタンを大きくまたは小さくしたい場合があるかもしれません。指でつまんだり広げたりすると、ツールホイールをスケールできるので、使いやすいサイズに調整してください。デスクトップ環境では、マウスホバーしてから上下にスクロールします。

外側の円にあるツールをタップすると有効になり、描き始めることができます。再度タップすると、ブラシメニューに移動し、高度な技術を芸術性を提供するツールを選択することができます。詳細は「ブラシ」を参照してください。

ツールホイールの内側のリングには、使用中のブラシを調整できる3種類の設定があります。

  1. サイズ: サイズのスライダーを使ってブラシのサイズを決めます。上に表示される4つのプリセットから選んで設定すると、お気に入りのブラシサイズを素早く切り替えることができます。
  2. 不透明度: 不透明度のスライダーとプリセットを使ってブラシの不透明度を設定します。100%は完全に不透明、0%は完全に透明になります。
  3. Smoothing. Use the smoothing slider and presets to set how much “smart” smoothing you’d like your line to have. Smoothing happens after you draw, not during - live smoothing is coming soon.
    0% smoothing gives you the raw stroke straight from your hand input, 50% smoothing takes many of the bumps out for a more polished stroke, and 100% smooths the stroke into a perfectly straight line between start and end points, no matter how wriggly it started.

ツールホイールの中心には、ブラシで使用中のカラーと不透明度が表示されます。このサークルをタップすると、コピックのカラーホイールが現れます。これはToo Corporationによる美麗なデザインとイラストレーションの色見本です。カラーを選択するにはタップします。詳細は「カラー」を参照してください。

If you drag the tool wheel to the center of the screen, you’ll see a canvas layout manager. Drag the weel on the image representing the tool bar and your tool wheel will become a tool bar. You can also toggle between the wheel and the bar in the settings menu. The same abilities are available with the tool bar as with the tool wheel, with the customizations and color options available along the inside edge.

無限大のキャンバス

制作の視野を広げたり、またはズームインして細部に集中。無限大のキャンパスなら、設定しない限りは境界線なしで作業可能。

コンセプトには無限大のキャンパスが搭載されています。これは、どうぞ好きな方向に好きなだけ用紙を広げてください、という我々の想いを形にしています。通常は2本指、または「パン」ツール使用時では1本指でパンできます。Pixelbook Penならフィンガーアクションをパンに設定することもできるので、デッサン中の操作がより便利になります。

To zoom in and out, or to rotate the canvas, use a two finger pinch / spread gesture. Lines stay sharp no matter how far you go - one of the many benefits of a vector-based platform. You'll notice there are "zoom steps" at certain zoom points (10%, 25%, 50%, 100%) which help you find standard sizes and rotations by feel.

またズーム率や回転度を手動で設定することもできます。キャンバス右上のズーム値をタップしてから、数値を入力します。

(果てしなく広大な) キャンバス上で作業状態をつい見失ってしまった場合は、ズーム率をダブルタップすると最初の位置に戻ることができます。

Of course, you can add a predefined boundary or artboard to your infinite canvas, too. Just go to the Settings menu and define your custom size or choose from the popular choices.

元へ戻す/やり直す

作業を後戻りして変更する必要があるときには、ツールホイールの「元へ戻す」と「やり直す」ボタンをいつでも使うことができます。

キャンバスを2本指タップすると、ワークフローのストロークを元へ戻すことができます。この機能はあまりに好評なため、当社のデザイナーたちが通常の紙では「2本指で元へ戻す」ことができない…とぼやくほどです。

「元へ戻す」で作業を後戻りし過ぎてしまった場合は、3本指タップまたはツールホイールのボタンで「やり直す」ことができます。

But you might not use Undo / Redo as much as you think. Concepts is a vector-based app, which means you can Select and adjust any line or delete it entirely whenever you want. This is a selective way to alter your sketch (no pun intended) without being limited to the last strokes you made. We think you'll prefer it.

レイヤー

Finally on the main canvas, you’ll see the Layers menu. This is also movable. Just tap+hold+drag the Layers button to anywhere on the canvas you’d like it. Read more about Layers below.

スタイラスの使用

Concepts is at its best with a stylus, though it works with a mouse on PCs with Android or Chrome OS installed. Currently Concepts is optimized for working with the Pixelbook Pen, a pressure and tilt-sensitive stylus for the Pixel Slate and Pixelbook. We do not have official support for other styli, but you may find that they work regardless, like the Samsung S-Pen. If you have devices you’d like us to optimize for, please let us know.