ブラシとツール

ブラシジェスチャー

ツールをタップすると、すぐに描き始めることができます。Pixelbook Pen やさまざまなブラシは、傾きや筆圧にも対応しており、画面上でペンを傾けたり押し付ける動きに自然に反応します (ブラシごとに動作が若干異なります) 。さっそく試してベストな使い心地を見つけてください。

As mentioned in the Tool Wheel section, the middle ring allows you to adjust the active brush’s size (how big it is), opacity (how transparent it is), and smoothing (how bumpy or smooth you want your line to appear once it’s drawn. 0% is no smoothing, 100% gives you a perfectly straight line between your starting and ending points no matter how wriggly you get. Great for train rides and polishing any hand drawn lines.) Tap on one of these options to bring up your presets, or for a shortcut, just drag across it with your finger to adjust.

ブラシメニューにアクセスするには、選択中のツールをもう一度タップするか、非選択のツールをダブルタップします。

ブラシメニュー

In the Brushes menu, you can select a tool from the basic set of sketching tools or from the Brush Market.

メニューの上部にあるのはブラシビューアです。選択したブラシにあわせて、ストロークがプレビュー表示されます。

ビューアの下にあるのが基本ツールです。手描き風から製図用まで、さまざまなブラシを選ぶことができます。

さらにスクロールダウンすると、ブラシマーケットがあります。ここにはアーティスティックなブラシのライブラリが揃っています。単品購入もできますし、サブスクリプション契約ですべてを利用することもできます。

基本のブラシとツール

ペン

自己表現や不変性をカタチにするとき、スケッチで最もよく使われるのがペンです。ペン万年筆ツールは、描く速さに応じて線幅が変化し、速く描くほど線は太くなります。ダイナミックペンは筆圧に反応します。固定幅ペンはその名のとおり、一定の線幅を維持します。

ワイヤー

This tool behaves like a traditional CAD or vector tool would - the line width is maintained at any zoom level, making it perfect for wireframes, light CAD drawings, perspective layouts, and more. Export an SVG file using Wire into another vector program and find the same clean line.

ソフト & ハード鉛筆

本物の鉛筆をモデルにした定番ツールで、それぞれ質感や手触りが微妙に異なります。Pixelbook Pen など対応するスタイラスペンを使えば、傾き、筆圧、速度に自然に反応します。絶妙なシェーディングを描くには、本物の鉛筆のようにペンを傾けてみてください。

マーカー

コピックマーカーを使ったことがありますか?コンセプトのマーカーは、この人気マーカーと同じ質感、透明感、エッジを持っているので、ハイライトやテクスチャリング、イラスト作成などに大活躍します。お好みに合わせて、ペン先の太さや不透明度を自由自在に調整しましょう。

エアブラシ

このエアブラシは、本物の絵具のように繊細なテクスチャやソフトなエッジをスクリーンに描きます。スケッチ愛好者の人気ツールであり、ハイライトやペイントにも、デザインに輝きを添えることでしょう。

塗りつぶし

バケツ塗りツールとは異なるのでご注意ください (バケツ塗りはベクター形式にとって非常に難易度が高い技術であり、現在鋭意開発中です)。塗りつぶしストロークのツールは、コンセプト独自のブラシです。単純な形から屈曲や複雑な図形まで、あらゆる形状をペンや指先で描いて、ポジティブスペースを塗りつぶします。

「ポジティブスペース」とは、最初に描画した線の始点と終点の内側にある領域です。つまり、同じストロークで2度目に描かれた空間は含まれせん。塗りつぶしエリアが交差すると「ネガティブスペース」が生まれ、その部分は塗りつぶされません。同じストロークで3度目に描かれた空間は、再びポジティブスペースとなり塗りつぶされます。

塗りつぶしは滑らかでクリーンな仕上がりになり、不透明度もカスタマイズ可能です。陰影や光の表現や、複雑な図形の作成などに最適なこのブラシは、デザインやアートの可能性を広げるツールになるでしょう。

トラブルシューティング: 塗りつぶしは線の始点と終点を考慮するので、線の滑らかさは100%未満に設定してください。そうしないと、描いた形が線や点の中に消えてしまい、残りのストロークが存在しないかのように見えてしまいます。同様に、透明度は0%以上に設定してください。そうしないと他のストロークのように消えてしまい、その範囲を選択したときにやっと気づく羽目になりかねません。

ドット

注釈や境界線を入れたり、ちょっとレパートリーを広げるのに便利です。点線は、無数のドットではなく1本のストロークで描かれます。カラーや不透明度、滑らかさに敏感なテクスチャ感のあるストロークとしてご利用ください。

セレクション

「セレクション」ツールは、どのツールスロットにも追加できます。1つのアイテムのみを選択するアイテムピッカーと、複数を選択する投げ縄という、2つのモードがあります。この2つのモードは、キャンバスの下部にあるポップアップで切り替えるか、または画面の任意の場所に2本目の指を置いて一時的に切り替えることができます。

The Selection tool can also be activated via tap+hold anywhere on the canvas - helpful for when you’re in sketching flow and don’t want to change tools. It can also be assigned as your finger gesture in Stylus settings. To learn more more about this tool, see Selection.

ナッジ

「ナッジ」ツールは、描いた線を1本の糸のように曲げたり歪めることができます。線を引っ張るには、ペンでストロークを直接タッチしてから、動かしたい方向へドラッグします。線を押すには、ペンを線から離れたところでタッチして、ペン先に小さな円が現れるのを確認してから、線に向かってペンを動かします。ツールのサイズは、ツールホイールにあるサイズのプリセットで調整可能です。小さいサイズでズームインすると狭いコーナーをナッジでき、大きいサイズでズームアウトするとゆるやかなカーブをナッジできます。

スライス

スライスツールは、ベクター形式では実物の消しゴムに最も近い働きをします。とはいえピクセル形式の消しゴムではないので、ストロークの角をぼかすことはできませんが、ストロークをバラバラに切断して、個別の独立したストロークとして再定義することができます。また円盤状のスライス範囲をスライドしてベクターデータを消去、すなわち破壊することもできます。

スライスの円盤の大きさは調整可能です。大きくして落書きをひとまとめに「消去」したり、または小さくしてより正確に切断してから残ったラインを選択・消去することもできます。

You can also set the size to zero and divide your strokes without chopping away at their length. It might not appear that anything happened when you ran your puck through the line, but try selecting one end of the stroke and you’ll see that it was cut in two.

塗りつぶしストロークのツールで作成した図形をスライスする際は、外縁部から図形の内側に向かって切断し、領域全体を分割します。

Soft Mask & Hard Mask

In a traditional pixel-based world, erasers delete things permanently. But vectors aren’t pixels, they behave and remember data differently, and if you're comfortable with programs like Adobe Photoshop or Autodesk Sketchbook Pro, the mask tools will function similarly to masking tools in aforementioned software. They visually remove anything underneath them, but the data isn't actually gone. You can still retrieve old strokes later, or adjust your mask as your drawings progress.

ストロークを完全に削除したい場合は、長押しで選択してから「削除」を実行します。またはスライスツールを使って、選択箇所を切断して削除するか、キャンバス上から破壊します。

Double-tap the mask button to open a Quick Clear menu. Here you can choose to delete everything on the current layer, or clear everything in the image.

The mask stays the same size regardless of your zoom level. This means the further you zoom inward, the smaller its effects will be - very useful for working with the details. You can also change the size of the mask using the Size slider, and its effects will scale the same way.

The Hard Mask gives you crisp, clean edges; the Soft Mask works beautifully with the pencils (and any other tool) to soften edges in a true-to-life, artistic manner.

パン

作品をクライアントに見せたい、または無限大のキャンバスでパンしたい…そんなときは「パン」ツールが便利です。デッサンをうっかり選択、変更することなくパンやズームができます。

ブラシマーケットのブラシ

ブラシマーケットが提供する質感豊かでアーティスティックなツールは、実物を元にした画像ベースのスタンプで作られています。これらのペン (およびダイナミックペン) で描かれたストロークは、他のベクター形式のツールと同じように移動や調整が可能ですが、拡大するには限界があります。ピクセル形式の画像で作られているため、ブラシによっては拡大しすぎるとぼやけてしまいます。いろいろ試して気に入ったツールを見つけてください。または、作成済みの絵のストロークを選択して新しいツールに切り替えて、違った印象にトライしてください。

Waterful - A beautiful wet, watercolor-styled brush pack by artist Matthew Baldwin.

Memphis模様 - ブラシに色を加えるだけで、遊び心ある模様が作品を彩ります。

外壁 - 設計図に自然でリアルな外観を。石材、パネリング、コンクリート、漆喰、鋼板など様々な壁材をお試しください。

パステル - 実物の素材をもとに制作されたドライパステル、オイルパステル、チョーク、パステル消しゴム、チャコールは、本物さながらの外観と質感を実現します。

鉛筆 - 基本ツールのハード鉛筆とソフト鉛筆を補完する鉛筆です。4B グラファイト鉛筆、2H グラファイト鉛筆、ナイフで削った鉛筆、カーペンター鉛筆、円形や四角型のグラファイトスティック、シャープペンシルなど、定番のスケッチ用鉛筆がフルセットで揃います。

ペン - これらのペンがあればインク式のデッサン道具一式は完璧です。ボールペンやゲルインクボールペンを始め、筆ペンは硬め、普通、柔らかめの3タイプ、さらにフェルトペンとフェルトマーカーをご用意しています。

スプレーペイント - 美しいスパッターやスプレー塗装で作品を彩るグラフィックペイントツールです。粒子タイプは粗め、普通、細かめのほか、フラット、サイドスプレー、スパッタなどのスプレーをご用意しています。

エアブラシ - あらゆるデザインをソフトで滑らか、均一に塗り上げるエアブラシです。ブラシは硬め、普通、柔らかめタイプのほか、ダイナミックとフラットタイプがあります。

ハーフトーン - ビンテージ感漂うハーフトーンブラシは、1890年代以降の印刷技術を元にしており、漫画やイラストにクラシックな風合いを添えます。