カラー

コピックのカラーホイール

ツールホイールの中心部には、使用中のツールで使われる色や不透明度を表示するサークルがあります。

Tap the circle to bring up the COPIC color wheel. This wheel is a spectrum of colors hand-picked by Too Corporation to help artists and designers add consistency and beauty to their work while simplifying the matching process. These colors are mathematically sorted by pigment and saturation, and are represented on the wheel by a letter+number code. Visit here to learn more about Copic color theory. The values in Concepts are as similar as they can get to their real-life marker complements.

カラーホイールは回転させることができます。指を上下にドラッグすると、ホイールが回転します。

ホイールの内側から外側に向かって、漆黒と純白に加えてトーナルバリューが表示され、次に寒色系、暖色系、中間色、同色系のグレー、最後にそれぞれ混色された色が並びます。カラーをタップすると、使用中のブラシに適用されます。

カラーピッカー

コンセプトのカラーピッカーは、もちろん従来の色選択ツールとして機能しますが、ベクター形式のアプリケーションとしての優れた特性も兼ね備えています。

カラーピッカーへアクセスする方法はいくつかあります。

  1. ツールホイール中心部のカラーサークルをタップして、コピックカラーホイールを呼び出すと、スポイトのマークとして表示されます。
  2. キャンバスの任意の場所を長押しして、「セレクション」メニューを開きます。別の指を使って、左側のボタンを投げ縄、アイテムピッカーカラーピッカーへと切り替えることができます。これは作業を中断せずにカラーやブラシ設定を選択できる、大変便利なショートカットです。

カラーピッカーを画面でドラッグすると、以下のようなマークが現れます。

  1. リング型の円は、選択範囲の役割を果たします。中央の十字で、正確な選択場所がわかります。
  2. リング下半分の単色部分は、ブラシが現在選択している色です。指示しない限り、この色は変わりません。
  3. リング上半分で変化する色は、十字の通過時点の色です。カラーピッカーを指から離すと、この接触部分の色がブラシに適用されます。カラーピッカーは、デッサンのすべてのレイヤーで色を検索します。

    画面下のポップアップでは、「アルファ値オン」と「アルファ値オフ」の切り替えができます。アルファ値をオンにすると、カラーピッカーは背景を無視し、色の不透明度を検知します。アルファ値をオフにすると、背景色を含めた不透明度100%の色が常に表示されます (従来のピクセルアプリと同様)。

  4. リングがストロークの色と不透明度を分析する一方で、サークルの上に浮かぶタグは、ブラシの種類やサイズなどのベクター情報を表示します。表示されているのは、ストロークを最初に描いたときに使用したブラシの特性です。リングから指を離さずにタグをタップすると、使用したブラシがそのままツールスロットに設定されます。