レイヤー

コンセプトには、必要に応じて柔軟にデザインできるよう、完全に調整可能なレイヤーが装備されています。無料版では5枚のレイヤー、プロ版では無限のレイヤーが用意されています。建築家の中には、クライアント向けのイテレーションが増えるにつれて1枚の図面に100枚以上のレイヤーを使う人もいます。当社のイラストレーターの多くも、それに匹敵するレイヤーを使いこなしています。

レイヤリングには、自動と手動の2つのモードがあります。切り替えはレイヤーメニュー上部の「自動」と「手動」をタップするだけです。

  • Automatic layering is the default and sorts your layers by tool type. Any time you switch to a different tool, it will draw on its namesake layer. (Note that fountain pen and pen share a layer, as do soft and hard pencils.) This is great for sketchnotes, presentations, and any time you want retain control over your strokes but not think about them - it’s built in.
  • 手動レイヤリングは、あらゆるツールをあらゆるレイヤーに何枚でも使用することができます。無制限のレイヤーにより、並べ替えや積み重ねはもちろん、テクスチャやライン、カラー、形状、素材の操作性も無限大です。使い込むごとに、変更修正の自由度の高さに感激することでしょう。

通常このモードは、レイヤータイプの種類や枚数に応じてドローイング中に自然に切り替わります。またはタップで切り替えも可能です。もし1つのツールに対し1枚以上のレイヤーを使用したり、1枚のレイヤーで異なるツールタイプを併用するなどして自動レイヤリングのルールから外れた場合には、「手動」の設定が維持されます。

レイヤーごとに、それぞれ以下の設定が可能です。

  • レイヤーをタップして、ドローイングを有効にします。
  • 「+ 新しいレイヤー」タップして、新規レイヤーを作成します。これは常に、現在使用中のレイヤーの真上に表示されます。またキャンバスからストロークを選択してこのボタンにドラッグし、専用の新規レイヤーを作成することもできます。
  • 同じくデッサンから選択して、任意のレイヤーにドラッグすることもできます。その場合は新たな移動先へ埋め込まれます。
  • レイヤーを長押しすると、好きな順番に並べ替えることができます。
  • 使用中のレイヤーをタップすると、レイヤーのポップアップ画面が表示されます。ここでは、レイヤー上にあるものすべての選択や、レイヤーのロック複製削除、下のレイヤーとの統合名称変更ができます。またスライダーに沿って指をドラッグして、レイヤー全体の不透明度を調整することもできます。