エクスポート

スケッチが完成したら、ステータスバーの「エクスポート」ボタンをタップします。JPG、PNG、PSD、DXF、SVG、PDF または .concepts 形式で書き出すことができます。

続いて「範囲」「オプション」の項目があります。「範囲」は、書き出す範囲を選択します (キャンバスは無限大なので) 。アートボードが有効な場合は、その範囲も選択肢に表示され、あらかじめ設定した境界に書き出しできます。「オプション」には、背景を透明にして書き出す、使用中の用紙タイプで書き出す、書き出すときにグリッドを含めるかどうかなどの選択肢があります。オプション内容は、選択したファイル形式によって多少異なるので、ご希望の仕上がりに合わせて選択してください。

JPG

標準的な低解像度のエクスポートです。手早くメールに添付するときや、低解像度のスクリーンショットなどに最適です。解像度は72dpi、150dp、300dpi を選択できます。

PNG

標準的な高解像度のエクスポートです。ほぼすべてのデバイスで表示できるピクセルパーフェクトな画像になります。解像度は72dpi、150dp、300dpi を選択できます。

SVG

SVG は、簡素化されたベクターパスの標準形式です。点データと色を含みますが、1ストロークあたりの線の太さが1種類に制限され、テクスチャも非常に粗くなります。またすべての SVG 形式がアプリ間で統一されているわけではないのご注意ください。実際はそれぞれ独自に異なるため、コンセプトと他のベクターアプリでは、ベクターストロークの表示に不一致が生じることがあります。ソフトマスクは白線で表示されます。Adobe Illustrator にエクスポートする場合は、オプションで「フィルター」のチェックを外してください。

DXF

DXFはAutodesk (R14) のCAD形式です。ベクターパスと基本色に対応し、オーガニックなCADモデルやレーザー/ウォータージェット切断などに便利です。消しゴムマークは白線で表示されます。

PSD

AdobeのPhotoshop形式でラスター形式 (高解像PNG) で複数レイヤーに対応します。

PDF (Adobe PDF、ベクターパス)

AdobeのPDFはデバイス間のワークフローを可能にする業界標準です。こちらは基本のパスに対応したベクター版ですが、ブラシの質感は失われます。

.concepts

コンセプトのネイティブ形式です。このファイル形式で保存したり、他のコンセプトユーザーと共有してアプリ内の作業を続行することができます。ただし現時点では、対応デバイスはAndroid、Chrome OS、またはWindowsに限ります。

PDFのエクスポート

PDFのエクスポートに関する詳細はこちらを参照してください。

ドラッグ&ドロップ

Concepts supports Android’s Drag & Drop capability. You can drag & drop selections and images both into and out of Concepts with supported apps. Images are exported in a transparent PNG file format.

HOW TO DRAG & DROP FROM CONCEPTS TO ANOTHER APP

  1. This feature has to be enabled in the settings first. Open Concepts -> Open drawing -> Settings -> Tap Gestures tab. Check "Enable Android drag+drop active selections.
  2. Set your device in Split Screen view with both Concepts and supported app.
  3. アイテムピッカーまたは投げ縄を使って、他のアプリに移動させたい対象を選択します。
  4. Tap+hold your selection. It will pop out from the screen.
  5. Start dragging your selection and drop it to your destination app.