精密ツール

現在「精密ツール」を Android 版に導入する準備を進めています。これらのツールのリリース予定日をまとめたロードマップをこちらに用意しています (英語)

If you tap the Precision button on the canvas, you’ll see a couple of options expand beneath the menu - Grid, Snap and Guide.

グリッド

グリッドは便利な下敷きのようなもので、視覚的なガイドになるだけでなく、グリッド描画ガイドの「スナップ」や「位置揃え」と組み合わせてインタラクティブに使うこともできます。グリッドのオン/オフを切り替えるには、「精密」の下にある「グリッド」をタップします。グリッドボタンの隣にあるグリッド名が表示されたラベルをタッチすると、「ワークスペース」メニューが開いて新しいグリッドを選択できます。

グリッドタイプ

コンセプトには5種類の基本グリッドと3種類の遠近グリッドがあります。基本グリッドは「ドット」、「方眼紙」、「罫線用紙」、「等尺」、「三角方眼紙」、遠近グリッドは「1点透視」、「2点透視」、「3点透視」です。「ワークスペース」メニューにあるリストからグリッドを選択します。リストを左右にスクロールするとすべての選択肢が表示されます。グリッドの編集またはグリッドのプリセットを選択するには、使用中のグリッドをタップするか、「グリッドを編集」ボタンをタップします。

「ワークスペース」メニューにあるリストからグリッドを選択します。グリッドの編集またはグリッドのプリセットを選択するには、使用中のグリッドをタップするか、「グリッドを編集」ボタンをタップします。

5種類の基本グリッドには以下の編集オプションがあります。

  • プリセット – あらかじめ用意されたさまざまなグリッドが選べます。
  • 間隔 – 主線/点の距離を調整します。
  • 分割数 – 主線の間のマス目の数を設定します。1と設定すると、主線のみが表示されます。方眼紙と罫線用紙グリッドで設定可能です。
  • 線幅 - グリッド線の太さを設定します。
  • カラー – キャンバスに合わせた自動カラーを選択するか、カスタムカラーを選択します。
  • 不透明度 - グリッドの不透明度を設定します。このオプションは、カスタム色の使用時に選択可能です。
  • 方向 – グリッドの向きを横長/縦長に設定します。罫線用紙を縦書きにしたい時などに便利です。罫線用紙、等尺、三角方眼紙グリッドで設定可能です。
  • アートボードに限定 – 選択すると、グリッドがアートボード内のみに表示されます。キャンバスにアートボードを設定している場合のみ設定可能です。

グリッドの単位は「ワークスペース」メニューで選択した単位に合わせて表示されます。

遠近グリッドの編集オプションは多少異なります。

  • プリセット - あらかじめ用意されたさまざまな遠近グリッドが選べます。プリセットをタップすると有効になります。
  • 消失点 - このボタンをタップするとキャンバスに移動して、消失点を移動させたりグリッドを調整することができます。また消失点を長押しまたはグリッドレイヤーを有効にすると、キャンバス上でいつでもグリッドを編集できます。
  • 密度 - グリッドに表示される消失線の数を選択します。
  • 線幅 - グリッド線の太さを設定します。
  • カラー - キャンバスに合う色が調整される自動カラーまたはカスタムカラーを選択します。カスタムを一度タップすると使用中の色が選択され、再度タップするとカラーホイールが開き新しい色を選択することができます。
  • 不透明度 - グリッドの不透明度を設定します。このオプションは、カスタム色の使用時に選択可能です。
  • 方向 - グリッドの向きを画面に合わせるときに使う設定です。初期設定では、デッサンが作成された時点のデバイスの方向に合わせてグリッドが作成されます。
  • Confine to Artboard - Check the box to only show grid lines inside the artboard if there is one configured on canvas. This is a universal setting that applies across all grid types.

キャンバス上でのグリッド編集

グリッドはキャンバス上で編集することもできます。グリッド編集モードにするには、「レイヤー」メニューでグリッドレイヤーを有効にします。遠近グリッドの場合は、消失点を長押ししてグリッド編集を有効にすることもできます。グリッドレイヤーが有効になっている間は、キャンバスのズームやパンは通常通り動作しますが、グリッドを編集することも可能です。

すべてのグリッドには回転ハンドルがあり、グリッドを特定の角度に動かすことができます。ハンドルをドラッグすると、スナップのターゲットラインが45度ごとに表示されます。スナップのターゲットラインが表示中にハンドルを離すとその角度に吸着します。またはハンドルを動かさずにターゲットラインが消えるのを待つと、スナップターゲットに近い特定の角度に設定することができます。グリッドを回転すると、ステータスバーに角度が表示されます。数値を長押しすると直接編集できます。

グリッドを移動するには、地平線の中心にある十字線からグリッドをドラッグするか、地平線を直接ドラッグします。

遠近グリッドでは、すべての消失点はドラッグして移動させることができます。また消失点はタップすると有効になり、複数の消失点を同時に有効にすることができます。消失点が有効になっていると、選択項目を調整するときと同じように、1本指でパンしたり2本指で移動することができます。グリッドを拡大縮小するには、すべての消失点を選択肢て2本指で拡大縮小します。

編集モードを終了するには、キャンバス上で編集操作以外の場所をタップするか、別のレイヤーを有効にするか、「完了」をタップします。

スナップ

「グリッドにスナップ」は、グリッドと正確に一致させて描画することができる描画ガイドで、グリッドにプリセットされた描画制約を使用します。「グリッドに位置揃え」は、グリッドに沿って描画することができる描画ガイドで、グリッドにプリセットされた描画制約と、グリッドに適切に一致する対角線の角度を使用します。さらに詳しい説明は以下を参照してください。

これらの「スナップ」オプションは「精密」メニューでカスタマイズすることができます。「スナップ」をタップすると、オン/オフが切り替わります。「オプション」をタップすると、「スナップ」、「位置揃え」、描画中の回転を許可を切り替えることができます。

「描画中にスナップ」は Android 版で現在利用可能です。「編集中にスナップ」は近日中に提供予定です。

描画中にスナップ

グリッドにスナップ

このオプションを有効にすると、すべてのストロークは、最も近いグリッド線の上部に引き寄せられます。すべてのブラシの動きは維持されるので、傾き、速度、筆圧を使ってストロークに強弱を加えることができます。

ワイヤーブラシと固定幅ブラシは、少ない制御点でクリーンな線を引くことができます。SVG や DXF ファイルをきれいに書き出したいときには、ぜひこれらのツールをお試しください。

グリッドに位置揃え

このオプションは、ストロークをグリッド線の方向に合わせて揃えますが、グリッドにスナップはしません。グリッドの方向性の制約を利用して、すばやく正確にスケッチしたいときに便利なオプションです。

回転を許可

このオプションを有効にすると、「グリッドにスナップ」や「グリッドに位置揃え」を使って描画しながら回転することができるようになります。スタイラスペンを持ち上げずに直線を描く方が簡単な場合がありますが、このオプションならそれが可能になります。「回転を許可」が有効の場合でも、同じ線を行ったり来たりすることは可能です。

スナップとグリッドを使って描く

スナップを有効にして描く場合、グリッドはそれぞれ制約される方向に従ったガイド設定が適用されます。

ドットグリッド - スナップ: 水平方向と垂直方向の線のみ。位置揃え: 水平方向、垂直方向、45度の斜線。

方眼紙 - スナップ: 水平方向と垂直方向の線のみ。位置揃え: 水平方向と垂直方向の線および45度の斜線。

罫線用紙 - スナップ: 水平方向と垂直方向の線のみ。位置揃え: 水平方向と垂直方向の線および45度の斜線。

等尺グリッド - スナップ・位置揃え: 60度の斜線のみ。

三角方眼紙 - スナップ・位置揃え: 60度の斜線のみ。

図形定規

The Shape Guides are your design-sketching friend. The Shape Guides give you precision control over every edge and radius you draw. Use them to sketch partial or complete perfect shapes, and adjust them to any size, shape or angle.

図形定規を有効にすると、さまざまな機能が表示されます。

  1. 定規自体の図形: グレーの境界線は使用中のブラシの太さをを反映し、また図形をトレースすることで塗りつぶされる領域を示します。任意の画面上でトレースすると図形を描きます。
  2. 定規のサークルまたはつまみ: つまみをタッチして左右に引くと、動きに合わせて図形が拡大縮小します。
  3. The crosshairs. Located at the center of the guide, tap+drag the crosshairs to move the entire guide without altering it. If you double-tap the crosshairs, each guide will respond with a special function:
      直線定規は,、引いたストロークをつまみの間に収めます。 円弧ツールは、完全な半円を描きます。 角度ツールは、90度にスナップします。 円形ツールは、完全な正円を描きます。 長方形ツールは、完全な正方形を描きます。

To rotate a shape guide or any selection to an angle, tap the angle field in the status bar at the top of the canvas and a keyboard will appear. Type in a custom value and confirm your choice. The selection will rotate in a clock-wise direction.

計測

この機能は現時点ではご利用いただけません。

スケール

この機能は現時点ではご利用いただけません。