インポート

画像や選択アイテムは、ギャラリーからでもキャンバス上からでも、さまざまな方法でコンセプトに読み込むことができます。

一度に何枚でも画像をキャンバスに表示させることができます。またコンセプトの他のエレメントと同じように、それぞれの画像は、選択、キャンバス上やレイヤー間の移動、不透明度やサイズ、回転の調整、描画、マスク、複製などが可能です。

選択対象をインポートすると、1枚のデッサンにエレメントを描き、クリップボードへコピーし、他のデッサンに貼り付けることができるので、作業がはかどります。

現時点でコンセプトにインポートできるのは、ネイティブ形式の「.concepts」ファイルのみです。これはWindows からの「.concepts」ファイルも含みます。( iOS は「.CPT」ファイルを使用するため、現時点では iOSからのインポートはできません。)

ギャラリー

左上端にあるプラス印 (+) のボタンをタップするか、または右下端にあるプラス印 (+) のボタンをを長押しすると、「インポート」が表示されます。

  1. インポート: JPG や PNG のほか .concepts ファイルもインポート可能です。読み込んだ画像はコンセプトの新規デッサンで開きます。
  2. クリップボード - 「クリップボードから貼り付け」は、対応するデバイスのクリップボードにあるアイテムを新規デッサンで作成します。これにはアプリ内で選択してクリップボードにコピーしたものや、Webブラウザでコピーした画像も含まれます。
  3. カメラ: 「写真を撮る」は、デバイスのカメラを使用し、写真を新規デッサンで作成します。
  4. ドラッグ & ドロップ - 対応するブラウザやアプリから、ファイルを1件ずつギャラリーへドラッグ & ドロップすることもできます。コンセプト形式のファイルの場合は、そのままギャラリーに追加されて開きます。JPG や PNG ファイルの場合は、画像が新規デッサンで作成されます。

キャンバス

キャンバスでは「インポート」メニューはステータスバーの「インポート」ボタンで開きます。アイコンをタップすると、インポートのオプションが表示されます。

  1. インポート - 「インポート」では、JPG や PNG ファイルをキャンバスへ読み込むことができます (コンセプト形式のファイルを開いているデッサンに読み込むことはできません)。画像を読み込むと、画像が「選択済」と表示されます 。これにより画像の移動やサイズ変更などが可能になります。配置したい場所で画像をタップすると、画面上に固定されます。

    読み込まれた画像にはレイヤーが設定されます。レイヤーの並べ替えが「自動」設定の場合、アプリはレイヤーの最下層に読み込んだ画像専用の「画像」レイヤーを作成します。「手動」設定の場合、画像は使用中のレイヤーに読み込まれます。

  2. クリップボードから貼り付け - デバイスのクリップボードにコピーされている、対応する画像や選択対象を読み込みます。アイテムは使用中のレイヤーに貼り付けられます。「Ctrl+C」や「Ctrl+V」で選択対象をコピーしたり貼り付けたりすることもできます。
  3. 写真を撮る: デバイスのカメラを使用します。画像は「1.」で上述したレイヤーの「自動」/「手動」モードに従ってデッサンに追加されます。
  4. ドラッグ & ドロップ - 対応するブラウザやアプリから、ファイルを1件ずつギャラリーへドラッグ & ドロップすることもできます。コンセプト形式のファイルの場合は、そのままギャラリーに追加されて開きます。JPG や PNG ファイルの場合は、画像が新規デッサンで作成されます。

選択アイテムをクリップボードにコピーする方法

ストロークや画像を「選択済」にすると、「セレクション」メニューでペーパークリップのアイコンが表示されます。これをタップすると、選択済みのアイテムがデバイスのクリップボードへコピーされます。完了後、「クリップボードへ貼り付け済」というメッセージが表示されます。

キャンバス上の「インポート」メニューまたはギャラリー経由で、別のデッサンから選択アイテムにアクセスすることができます。

PDF

PDFをインポートする方法については、PDF を参照してください。