セレクション

コンセプトはベクター形式のアプリです。ストロークを描いた後でも、好きなときに選択、移動、調整、変更ができるとても自由度の高いツールです。プロジェクト全体を描き直すことなく、修正したい箇所だけ選択して変更できるので、最小限の労力でデザインを変更することができます。デザインのイテレーションやマインドマップの再構築、クライアントからのフィードバック後の資料作成など、セレクションでより多くのことができるようになります。

スケッチ上の1本または複数のストロークを選択する (つまむ) には、4つの方法があります。

  1. セレクションツールを使用: ブラシメニューから、セレクションツール (矢印) を選択して、ツールホイール/バーで独立したツールとして設定することができます。他のツールと同様に、画面をタッチすると使えるようになります。
  2. キャンバス上の任意の場所を長押ししてセレクションを起動: これは作業を中断せずにツール変更ができる、とても便利なショートカットです。
  3. Surface ペンを使うなら「フィンガーアクション」を「選択」に設定することができます「(設定」→「ワークスペース」→「Surface ペン」)。指は「セレクション」ツールとして機能し、Surface ペンはツールホイールで選択したプリセットに従います。
  4. 1枚のレイヤー上のすべてのストロークを選択したいときは、使用中のレイヤーをタップすると「レイヤーセレクション」のポップアップ画面が開きます。カーソル (矢印) のアイコンをタップすると、そのレイヤー上にあるものすべてを選択します。

セレクションメニュー

上記のいずれかの方法で選択を有効にすると、画面下にポップアップ画面が表示されます。これが「セレクション」メニューです。セレクションメニューは、選択したいストロークを絞り込むためのもので、何かを選択するたびにこのメニューが表示されます。

  • ツールホイールからセレクションツールを使う場合、ブラシが有効な限りこのメニューは画面に常時表示されます。
  • 長押しで選択するときは、画面上に指を置いている間はメニューが常時表示されます。2本目の指でメニューボタンを切り替えて、フィルターを設定することができます (詳細後述)。

アイテムピッカーと投げ縄それぞれのポップアップ画面

セレクションメニューでは、有効にしている切り替えメニューに応じて、左から右へ次のような機能が並びます。

  1. 「選択タイプ」は選択方法を切り替えます。タップすると、「アイテムピッカー」(1つのアイテムのみ選択、ストロークを個別に追加・削除できます) と「投げ縄」(投げ縄をストロークへドラッグして複数選択が可能) が切り替わります。
  2. 「ストロークタイプ」はストロークを選択するときに、ストロークの「一部」または「全体」に触れるかどうかを選べます。
  3. 「ロック」は、デッサン中にロックしたストロークを選択対象に含めるか、または除外するかを選べます。
  4. 「レイヤー」は、「使用中」のレイヤーのみ、またはすべてのレイヤーをまとめて選択するかどうかを選べます。

アイテムピッカー

左側にあるのがアイテムピッカーです。これは1つのアイテムを選択する機能で、選択範囲で個別のストロークを追加、除外することができます。

十字線をストローク上にドラッグ。選択対象が1つならそのまま指を離す。複数選択は別の指でストロークを選択し、他のストロークへ移動する操作を繰り返す。

アイテムピッカーを使うには、指先やスタイラスを画面上に置きます。すると小さな十字線 (+) が、指先やペンの先端に表示されます。

十字線がストロークに触れると、サークルが現れ、ストロークを認識したことを知らせます。画面をタップしてストロークを有効にし、スクリーンから指またはペンを離します。これでストロークが選択されました。

選択対象にストロークを追加するには、十字線を次のストロークへドラッグし、画面をタップして選択します。画面から指を離しても離していなくても、好きなだけストロークを選択できます。

選択対象からストロークを除外するには、十字線を選択済みのストロークへドラッグします。すると表示が「+」から「−」に変わるので、画面をタップして確定します。

投げ縄

「選択タイプ」を再度タップすると、「投げ縄」に切り替わります。これは指先でストロークを横切る、または囲むようにドラッグすると、複数のアイテムを選択することができる機能です。青色の投げ縄が触れるものすべてが選択範囲に含まれます。もう一度投げ縄をかけると、選択を解除します。

投げ縄で選択してから、さらに個別のストロークを追加したい場合は、「フィルター」でボタンをアイテムピッカーに戻してから選択操作を続けます。

カラーピッカー

3つ目の選択タイプは「カラーピッカー」です。ベクター形式のカラーピッカーで、他社アプリの標準的なカラーピッカーよりも多くの機能を搭載しています。色やブラシ、ストロークの特性を選択して記憶したり、ツールに設定したりできます。

選択タイプの切り替えメニューの他にも、カラーホイールからカラーピッカーを起動することができます。ホイールを開き、スポイトのマークをタップすれば使用できます。

カラーピッカーが有効なときに、十字線のついたサークルを画面上でドラッグしてみてください。するとカラーピッカーの上半分の色と透明度が、下にある色の特性に合わせて変わるのが分かります。カラーピッカーの下半分には、使用中のツールの現在の色が表示されます。カラーピッカーから指を離すと、新しい色がツールに適用されます。

画面下のセレクションメニューには、「アルファ値オン」というオプションがあります。これは、反映される色が、あたかも透明の背景に映し出されているように計算されることを意味します。ブラシに不透明度を適用することなく、実際のフラットカラーを取得します。

最後に、カラーピッカーの上に表示されるのがツールタグです。このタグは、それぞれのストロークを描くのに使用した実際のツールを呼び戻します。どの色にどのツールを使ったのか思い出せない場合は、タグをタップすると、そのツールがスロットに設定されます。

カラーピッカーの図解チュートリアルはこちらです。

選択対象の調整

1つまたは複数のストロークを選択すると、画面下のセレクションメニューの内容が変わり、より多くの便利な機能が提供されます。

  • 回転: 選択対象を回転します。タップしてオン/オフを切り替えます。
  • スケール / ストレッチ / オフ: これらを切り替えることで、ストロークのスケール (選択対象全体を拡大縮小、アスペクト比は固定)、ストロークの引き伸ばし (ストロークの長さを伸縮、ツールサイズは一定)、またはストロークの拡大縮小や引き伸ばしを禁止することができます。

選択対象をスケールしたり回転させるには、2本指ジェスチャーで選択対象の境界ボックスから指を遠ざけます

また、キャンバス上部のステータスバーにある角度表示を使って、選択項目を正確な角度で回転させることもできます。角度表示の入力欄を長押しすると、キーボードが表示され、角度のカスタム値を入力することができます。オブジェクトは時計回りに回転します。最初にセレクションメニューの回転オプションをロックして、オブジェクトを移動させるときに再度回転しないようにしておくと良いでしょう。

セレクションのポップアップ画面

選択対象の上に表示されるのがセレクションのポップアップ画面です。ここにはストローク調整に便利な多くの機能があります。

ロック: ロックボタンは、選択対象をロックして、以後の選択および調整操作に影響されないようにします。再びアクセスするには、選択してロック解除するか、セレクションメニューのロックフィルターを変更します。

複製: 選択したものは何度でもコピーすることができます。「複製」をタッチするだけで、完全に同じものが作成されるので、イテレーションをすばやく行うことができます。複製物を新しいレイヤーにドラッグすると、古い選択対象を残したり非表示にすることができ、新しい選択項目でイテレーションを行うことができます。

削除: ベクターのストロークを消すには、削除するのが一番です。また、消しゴムのように機能する「スライス」ツールを使うこともできます。もちろん「元へ戻す」こともできます。

左右反転・上下反転: 残り2つのボタンは、選択対象を左右または上下に反転します。反射や陰影をつけるのに大変便利です。